新規顧客を開拓するために必要な新しい手法


新規開拓の悩みを可視化と自動化で解決する

営業活動において、会社に新しい顧客を取り込むためには、その顧客が持つ興味あるいは関心などのデータが必要となります。また、そういった行動に対する最適な情報を提供するためのマーケティング活動も求められています。しかし、このようなデータを集めて活用するには、ある程度の人員が必要となることも事実であり、そういった人数を確保できないという現実的な課題もあります。そのような悩みを解決するための手法として、マーケティングオートメーションが注目されています。

マーケティングオートメーションとは、新規顧客開拓に必要なデータ収集などを、可視化し自動化するツールのことを指します。具体的には、ユーザーが自社サイトで行った行動のリストの作成や自社のメールマガジン配信に加えて、実際にユーザーが行った行動を可視化するレポーティングなどがあります。

マーケティングオートメーションの長所と短所

新規顧客となりえる見込み客のデータを収集することで、購買意欲を高め、取りこぼしを防ぐことが、マーケティングオートメーションを導入する最大の特徴となります。見込み客を購買客へと変化させるリードナーチャリングが完了することから、受注率や案件化率を上げられる可能性があるのです。同時に、営業部に所属する人間が持つ受注率の差を埋められるため、営業部全体の生産性を高めるといった、会社にとって好ましい副次的な効果も期待できます。

ただし、マーケティングオートメーションの結果が出るまでには、かなりの時間がかかることも事実です。そのため、リードナーチャリングに対するコンテンツ作成や、顧客のデータ情報をリスト化する作業に、時間を割く必要性が生じます。

マーケティングオートメーションとは、企業のマーケティング活動において発生する日々の膨大な作業を自動化することで、効率化を図る仕組み・ツールのことです。