満足してもらうために知っておきたいホームページデザインのコツ


様々な機器に対応するデザインにしよう

閲覧者に満足してもらうホームページにするには、様々な機器に対応したデザインにすることが大事です。利用する機器によってデザインが崩れたり、見辛くなったりするとユーザーは不満に感じてしまい、離れてしまう可能性があります。全てのコンテンツを堪能してもらうには、それぞれの機器で見やすいデザインで表示されるようにする必要があります。ただ、すでに完成しているホームページのデザインを変える作業に時間やお金がかかってしまう場合は、パソコンとスマートフォンへの対応に力を入れるべきです。パソコンとスマートフォンの利用者は多いので、他の機器よりも優先してデザインを対応させることで閲覧者を満足させられます。

目に優しい色の使い方を心掛ける

ホームページの滞在時間を延ばしたり、コンテンツを満喫してもらったりするには目に優しい色の使い方を心掛けたデザインにする必要があります。魅力的なコンテンツだったとしても、目が疲れやすい色をメインに使っていると離脱される可能性が高くなります。最後まで見てもらえなければ魅力を十分に伝えられず、なかなかファンが増えない状況を招きます。

たとえば、赤や黄色、ピンクなどの原色を長時間見続けるのは目の負担になるので、できるだけ控えたり、色を薄くしたりなどで工夫しましょう。また、テキストの色も黒を少し薄くすることで目の負担が減り、読みやすくなります。ただ、色を変えるとホームページの印象が変わるため、いきなりではなく少しずつ変えることをおすすめします。

レスポンシブwebデザインは、ホームページ画面のHTMLをCSSで制御し、パソコンやスマホなどどのデバイスの画面サイズにも応じて最適表示できる技法です。プログラムの作成と管理が容易になるメリットがあります。