特徴を知ることが失敗しない秘訣?LED照明を家庭で用いる際の注意点を学ぼう!


頻繁なスイッチの切り替えに弱い

LED照明は明度が高く、電力消費量が少ないうえに長持ちするなど様々な利点があります。特に照明としての性能は非常に高く、蛍光灯が約10000時間で寿命を迎えるのに比べ、LEDは約40000時間まで明るさが保たれています。1日に12時間使い続けた場合、9年以上は明るさや省エネ性が損なわれません。買い替えの頻度が少ないので維持コストが抑えられるメリットがありますが、一方でLEDは頻繁なスイッチの切り替えには適していないのも事実です。元々は長時間照らし続けるための機器なので、住宅の照明のようにスイッチを頻繁に切り替えると性能が急激に低下します。そのため、トイレや浴室など短時間で照明のスイッチを切り替える環境では蛍光灯や電球の方が適していると言えます。

同じLEDでも置かれた環境で性能が異なる

技術の進歩により、かつては工場など一部の施設だけで使われていたLED照明は安価で購入できるようになり、一般の住宅でも照明機器として広く普及しました。光が拡散しにくいLED照明は少ない電力で鮮やかな光を放つことができるので、比較的狭い部屋を明るく照らすのに最適と言えるでしょう。従来の蛍光灯とほぼ変わらない金額で購入できるのも広く普及した理由ですが、一方で小売店での扱い方が照明機器としての品質を左右しているのが実状です。LED照明は衝撃を受けると性能が落ちてしまいますが、売り場で粗雑に扱われている製品は新品でもすぐに暗くなってしまうので注意が必要です。店員が家電製品の知識を持っていないお店での購入は避けるのが無難でしょう。

ledパネルとは飲食店の店頭などで使われている、ledで光る広告のことです。夜でも見やすいため、会社帰りのサラリーマンを飲食店に誘うのに有効です。